昭和2年の名建築 「KUDAN HOUSE」をたずねる ご案内

 

令和4年6月16日

各 位

一般社団法人文化倶楽部

専務理事 芥川立夫

 

拝啓 万緑の候 皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

KUDAN HOUSE」は大正時代から昭和にかけて活躍した商業者山口萬吉氏が自宅兼接待施設として建てた重要文化財建築物で、今回はDOCOMOMO Japan(註)との共催にて見学します。

 構造設計を担当したのは、東京タワーを造ったことで知られる内藤多仲、意匠設計は「旧久松伯爵邸(現 萬翠荘)」や「愛媛県庁舎」など、多くの名建築を残した木子七郎、意匠デザインに今井兼次、家具デザインには梶田恵という当時の最高のメンバーが担当しています。

 長くご一族が暮らされていましたが、建築物としてあまりにすばらしいので竹中工務店、東急電鉄、東邦レオが所有者よりリースし既存建築の魅力を活かして、整備して会員制のビジネスイノベーション拠点としております。   スパニッシュスタイルの外観、今井兼次氏の内装、黒焼きスギの屋根は、庭園の空を覆い隠しています。

 大小様々な穴から光が差し込み、庭園の樹木を照らす庭園はご満足いただけると思います。年に数回、限定された方々にしか開かれない施設です。さらにご説明は改修整備を行われた竹中工務店の方がボランティアで実施してくださいます。終了後、近くの靖国神社外苑休憩所内CAFEのattric oom靖国外苑に移動して交流会を行います。参加をお願いします。

 

                                    敬具

                       

                        記  

                     

1.日 時     令和4年7月16日(土)集合9時30分 見学開始930分~1045分位まで

2.集合場所  「KUDAN HOUSE」正門前 東京都千代田区九段北1-15-9  

3募集人数   15名(会員優先期間は622日まで、以降は申し込み順) 

  (DOCOMOMO Japanと共催で全体は30名、なお現在募集人員の増加を要請中)

4参加費   3,000円     *交流会飲物代は別途各自ご負担 

5振込先     三菱UFJ銀行 神楽坂支店 口座番号0633767

  口座名 一般社団法人文化倶楽部

6. 申込み   下記の参加申込みフォームより申し込みください。

7.締 切     令和4630日(土)*15名定員後それ以上はキャンセル待ちで受付けます。

8. 問 合 せ   電話:080-1049-1031 (芥川)090-5552-7079(川野)  

  Mail support@bunka-kurabe.com  (文化倶楽部事務局) 

9.注意事項  マスクの着用をお願いします。受付の場にて検温、手指消毒をお願いいたします。

  なお、新型コロナウィルス感染症の状況で開催を中止する場合がありますので、ご了承下さい。

  その場合は早めに皆様にご連絡いたしますので、お申し込みの際、ご連絡の取りやすい番号、

  アドレス等をお願いします。

 

*(註)DOCOMOMO(ドコモモ);モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査

           および保存のための国際組織 docomomo | docomomo (docomomojapan.com)

 

 

KUDAN HOUSE

  暁星中・高の向かいが正門

〒102-0073 東京都千代田区九段北1-15-9 

地下鉄東京メトロ九段下駅 1番出口から徒歩5分(400ⅿ)

 

参考までに郵送会員にお送りした案内文をPDFで添付しました。

参考までにご確認ください。

ダウンロード
KUDAN HOUSEご案内final.pdf
PDFファイル 417.7 KB

 

昭和2年の名建築 「KUDAN HOUSE」をたずねる      参加申込みフォーム

 

メモ: * は入力必須項目です